インクジェット出力シート カッティングシート
現在ほぼ主流となっている製作方式で、耐候性の高い用紙に溶剤系のインクをプリントしています。
印刷後、UVカットラミネートの加工を行いますので、屋外でも安心して使用することが可能です。
写真などを取り入れたデザインや、グラデーションを使用したい場合など、幅広いケースに低コストで対応可能です。
カッティングシートや切り文字と呼ばれ、上図のように文字や図形などに切り抜いた状態のシートを張る加工方法です。
様々な色があり、フィルム自体に色がついているため発色が良く見栄えがよく、非常に低コストですが単色のため表現方法に限りがあります。
また、文字数が多い場合などはインクジェット出力シートに比べ割高になることもあります。